現状、及び今後の展開

現時点でのメイン事業は宅配即ち運輸。

視野には、健康とグルメに関する情報の共有、運輸事業の進化、及びロボットやAI技術の応用、と言った課題が存在。例えば、運輸事業の現場では、いまでも荷物の移動は体力労働、各種の手続きは手操作、売り手と買い手の連携は気持ちに留まる程度。これらを改善すれば大幅な効率アップの実現が可能。

コメント